水道管の凍結を防ぎましょう!

今シーズンの冬季は、平年に比べ降雪が多く、気温が低くなることが予想されています。

外気温がマイナス4℃を下回ると水道管が凍結し、破損することがあります。

特に凍結しやすいのは?

・むき出しになっている水道管

・風当たりの強い屋外にある水道管

・北向きで日陰にある水道管

・給湯器まわりの水道管

 

自分でできる防止策!

・むき出しの水道管に保温材をビニールテープ等ですき間なく巻き付けましょう

・屋外の蛇口は特に凍りやすいので、布きれなどで覆い、ビニール袋等で濡れないようにしましょう

・エコキュート等は凍結防止設定を忘れずに

・事前に水道メーターボックス内の止水栓を右に回して閉めておく。(水道管が破損した場合の漏水被害を防ぐため)

 

凍結してしまったら…

・自然に溶けるのを待ちます

・凍った部分にタオル等をかぶせて、その上からぬるま湯をゆっくりかけてください

 (熱湯は破裂の危険があるので絶対にダメ!)

 

凍結によって漏水したら…

・水道管の中の水が凍るときや溶けるときに、水道管が破損して漏水してしまうことがあります。その時には、水道メーターの止水栓を右に回して水を止め、最寄りの指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。

・最寄りの指定給水装置工事事業者が分からない場合、こちらのページに掲載している斐川宍道水道企業団の指定給水装置工事事業者名簿の一覧から選んでください。

・アパート等の共同住宅にお住まいの方は、管理者(大家、管理会社等)へご連絡をお願いします。

 

漏水を発見する方法


・家中の蛇口を全て止めた状態でパイロット(写真の赤丸)を見てください。

 パイロット

回っている場合…漏水の可能性があります。

止まっている場合…漏水はありません。

 

情報をお寄せください

近くの空き家や集会所などで漏水を発見されたら、斐川宍道水道企業団まで連絡をお願いします。

 斐川宍道水道企業団 0853-72-8215